無料で利用できるwebサイト制作サービスをまとめてみる。

2013年11月22日
[`evernote` not found]
Pocket
LINEで送る

こんばんわ。@konimaruです。業界震撼!にはならないでしょうが以下の記事が目につきました。

スポンサードリンク

絶滅の危機に瀕するWebデザイナーという職業 Wix(ウイックス)がIPOへ
http://markethack.net/archives/51897695.html

この記事のタイトル通りwebデザイナーという職業が絶滅することはまだまだ先の事になるかも知れませんが、改めて自分の備忘録的に以下に今現在無料でサイトを制作出来るサービスを纏めましたのでご覧くださいませ。
こちらのエントリーに、無料で作成出来るECサイトを掲載しておりますのでよろしければそちらもご覧くださいませ。

まずは有名どころから。

WIX(海外サービス:日本語対応)
http://ja.wix.com/

 wix

上記サイトでも取り上げられております通り、この度IPOを果たしたイスラエルのソフトウェア企業が運営しているサービス。

日本語にも対応しており、またテンプレートの数も豊富で、使い方も至って簡単にwebサイトを作ることができます。またWix Marketなる外部の開発者がアプリを開発して提供する事ができるプラットフォームを展開しており、拡張性に富んでいるところもポイント。無料プランで十分な機能がありますが、独自ドメインや、必ず掲載されてしまう広告の除外などは有料プランでの対応となります。

 

jimdo(海外サービス:日本語対応)
http://www.jimdo.com/

 jimdo

こちらもwixと並んで有名なドイツ産webサイト制作ツール。こちらもwixと同じようにwebサイトを専門知識など必要なく、ドラッグドロップで制作できます。同じく無料プランでも十分ですが、有料プランでは広告の除外や独自ドメインが利用可能となります。またショッピングカート付きのプランもあり、サイトにECの機能をつけることもできます。

 

strikingly(海外サービス:日本語対応)
https://www.strikingly.com/

strikingly

2012年の7月に展開した、こちらも徐々にユーザー数を増やしてきている海外産のサービス。上記のwixとjimdoとの違いは、今風な1枚もののレスポンシブサイトが作れるということ。レスポンシブ自体の説明は省きますが、それによりPCサイト、スマートフォンサイトだけではなく、タブレット端末などにも最適化された見え方のサイトに仕上げることが出来ます。

 

 

Webnode(海外サービス:日本語対応)
http://www.webnode.jp/

Webnode

こちらも日本語対応の、スイス発のwebサイト制作ツール。wixやjimdoと比較すると日本での知名度は低いですが、それでも十分な機能が揃っています。

 

肝心の国内産のサービスは以下。

今までのものは悲しいかな、全て海外産のサービスでしたが、我が日本勢も負けてはいません(?)以下にご紹介させていただきます。

 

みんなのビジネスオンライン(国内サービス)
http://www.minbiz.jp/

minbiz

googleとKDDI、jimdoなどの数社が共同で提供しているサービス。
ドメイン・サーバ代込みで開設後1年間無料、2年目以降は¥1,470/月(.jpの場合)でご利用OKという、日本企業応援価格が大きな魅力。ただ、100種類以上のデザインから選べる!と張り切って謳っていますがこれまでご紹介してきたサービスのテンプレートのクオリティを見ると、どうしても見劣りしてしまう感が否めません。とにかくコストが!という方にとっては非常に有益なサービスではないでしょうか。

 

CLOUD LINE(国内サービス)
http://cloud-line.com/

cloudline

こちらも国内産サービス。大枠の使い方などはこれまでのサービスと遜色ありませんが、こちらもテンプレート数が、wixやjimdoと比較すると少ないようです。また無料プランではメールアドレスを持つことができませんのであしからず。

 

 

AMS(国内サービス)
http://amsstudio.jp/

ams

こちらも国内産、石川県金沢市にある会社さんが提供されているサービス。料金表のページを見ると、最上級のプランではfacebookページの自動生成や、サイト診断サービス、サイトPRサービスなどの気になる魅力的な内容が目立ちます。また電話サポートなど、国内ならではの手厚さを感じます。

 

YAHOOジオシティーズ(国内サービス)
http://geocities.yahoo.co.jp/

 yahoo

言わずと知れたYAHOOが提供する古くからあるサービス。企業の信頼性はナンバーワンなのですが、古くからのサービスのせいか、テンプレートのデザインも古いような印象を受けてしまいます。

 

最後に番外編として。

 

IMcreator(海外サービス)
http://imcreator.com/

IMcreator

こちらもかなりクオリティの高いWebサイトが作成できるサービスとなります。サイト自体は日本語が使えるようですが、管理画面などは全て英語になってしまうことから、今回は番外編に位置づけしております。

 

Tackk(海外サービス)
http://tackk.com/

tackk

1ページだけに特化し、非常に簡単に作成ができるサービス。キャンペーンやちょっとした告知などの使用に向いているのではないでしょうか。

 

smart4me(スマートフォンサイト)(国内サービス)
http://smart4me.net/

smart4me

スマホサイトを、同じように管理画面から簡単に制作できるサービス。無料版、ビジネス版あり。既にPCサイトはあるので、スマホサイトだけ欲しい!という場合には最適なサービスだと思います。

 

いや、冒頭にwebデザイナーという職種はなくなることはまだまだ先と記載いたしましたが、近い将来ということになりそうな予感さえしてしまう、そんなクオリティの高いサービスですね。

今日はこのへんで。

 

[`evernote` not found]
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA