ライフログ=過去の記録、ではなく未来を記録するツール

2013年1月10日
[`evernote` not found]
Pocket
LINEで送る

20121027162108

さて、アイデアの投稿は久しぶりとなりますが、前にも書きましたが様々なサービスやアプリが登場してはおりますが、なんでもかんでもソーシャルとの「連携」「共有」が必須となっていて、最近見たサービスでは、FBやTWのアカウントなんか持ってないだろうと思う位の小さい年齢層の子どもたちがターゲットだろうと思われる写真系アプリが、ログインに何故かFBとTWのアカウントは必須なんてことになっていて、これ開発者の誰も気づかなかったの!?なんてサービスがあり溜息を漏らす日々が続きますがそんな話はさておき。

スポンサードリンク

今回のアイデアも、だいぶ前から悶々と思っていたのですが、Evernoteやブログもしかり、自分の「過去」を記録するツールは腐るほどあるものの、その逆、「未来」を作るサービスがなぜないのか、いや自分が知らないだけで何かあるかと思うがevernoteくらい定番になっているものが何故無いのかというところが疑問であり誰かそんなコンセプトで何かしらの素敵なサービスを開発してくれないかと切に願いますが、もしそんなサービスがあるとしたらどんなサービスなんだろうなぁというところから考えたわけですが、具体的には、

「未来を記録するツール」として、最終的に何になりたいか、目標を決めると、それに必要な勉強やスキルをレコメンドしてくれ、選択すると日々の習慣として落とし込んでくれるようなサービス。それだけでは日々の怠惰な自分自身を制することはできないので、Webカメラを通し、自分自身で声に出して宣言。またその習慣を指定した日時にアラートとして流してくれ、半ば強制的に目標やなりたいものへ自分自身を導く、そんなサービスでございます。

何事も一瞬のうちにできるのではなく「継続」が大切、ということはわかっていながらも、人間というものはかなり怠惰な生き物で、何かを始めようと一時的にモチベーションが高まったとしても、その想いを持続させるのは難しいもの。そんなとき、自分以外の誰かに励ましてもらうことが出来れば多少は気持ちを持続させることはできるが、所詮は他人。最後には自分だけが頼りとなります。嘘をつくことのできない自分自身をうまく利用して、制御することで、ある意味自分で自分を操るような仕組みを作り出すことができればどんなに実現が難しいことであったとしても、他人からの強制ではなく自分自身からのある意味心地良い強制力に従っているだけで、とまでは言い過ぎかもしれないが、目標を実現できる助けになるのではないか、と思う次第であります。自分を最大限に理解しているのは自分自身で、その自分自身に対しては嘘やごまかしはできない、今の自分自身の行動を監視しているのは、過去の自分自身・・

そのサービスの中身のアイデアはまだ幾つかありますが、例えば、他人の夢や実現度合いを見ることができたり、進捗状況を見ることができたり。自分と同じ夢や目標を持って日々頑張っている人の状況を見ることができたりetc・・・

もっと具体的に、今後詰めていきましょうかな。

[`evernote` not found]
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA