クライアントとのオリエン前の準備について

投稿者: | 2013年4月30日
[`evernote` not found]
Pocket
LINEで送る

20130430011429

こんばんわ。@konimaruです。今日も仕事のエントリーをひとつ。

スポンサードリンク

以前のエントリーでもお伝えしたのですが、私の仕事はWebディレクターでありますが、案件の進行管理はもちろん、プロデューサーやプランナー兼、ちょっとした営業活動、簡単なライティング、必要あらば撮影まで(スナップ写真程度ですが)と、実制作であるデザイン、コーディングなど以外のことは、基本的にすべて担当となりますので一概に何をしていると聞かれてもなかなか一言で説明するのは難しいところであります。そのような業務の中で私が今まで得てきたノウハウを小出しにして、自分への再確認としての意味合いも込めこのブログで紹介して行きたいと思うのですが、今回は、クライアントから問い合わせを頂いてからオリエンテーションまでの間に行う準備に関してのお話を掘り下げて行きたいと思います。

オリエン前にはしっかりと準備を。

我々Webディレクターに限らず、クライアントに対して自社の決まったソリューションを提供するのではなく、企業が持つ課題の解決策をほぼオーダーメイドで提案することを生業としている仕事ではあらゆる業界、業種に精通しておりかつ様々な過去の同業他社の成功事例などを知っていることが望ましいですが、未来永劫仕事の依頼が来るかこないかわからない業種業界のことを常日頃から勉強するのは時間という物理的制約からできません。と言うかそれが出来たらストイックを通り越して自虐レベルになります。

またBtoCのクライアント企業であれば私たち自身がその企業が販売している商品や役務について、私達生活者がターゲットとなりますのである程度どのような商品やサービスを提供している会社でどんな業界で競合他社はどの会社なのかといったことが調べる時間がなくてもある程度想像できたりしますが、これが”BtoBの制御機器の会社”になると頭に突然???が浮かぶことになり、下調べなしでオリエンテーションに望むと先方の性格があれや此れやとお喋り好きな人の場合は救われますがこちらから質問をしなければ話をしてくれない人の場合にはキツイ感じになります。無理に質問をしようとした場合こちらの無知をさらけ出せば心象はフォーリンダウン。最悪の場合気づいたら打ち合わせ15分位でおわっちゃってマジで挨拶的な話しかしていません何もわかりませんがとりあえずコンペ受けることになったので提案書作らないといけませんというノリで死に至る可能性があります。後日また提案書作成の事について触れていきますが、提案書・企画書の出来はこのヒアリングにかかっていると言っても過言ではありませんのでそのあたり気を引き締めて望んでもらいたいところであります。

ということで、通常はクライアントから何かしらの問い合わせ依頼が入ってオリエンなり、ご挨拶の訪問なりすることになりますと色々と準備をする形になりますが、最低でも以下はざっと準備していきたい、というところをまとめてみましたのでご覧ください。

 

●サイトマップを作成する

リニューアルであればリニューアル対象のサイトを。新規立ち上げであれば、似た参考サイトがあればそのサイトマップを作成する。ただサイトマップを作成することが目的なのではなく、サイト全体の構造、や作りを把握しつつ進めていきます。

●競合サイト調査をする

サイトマップ作成が終わると競合サイトをざっと確認いたします。クライアントのサイトとどこがどのように違い、どちらの方がどのように優れているのか、というところと、その企業ごとの売り出し方の違いなどがわかればなおよしです。

●調査データを調べる

そのクライアントが提供する商品またはサービス、またその企業自身がターゲットであるエンドユーザーにどう思われているのか。どこが魅力だと思われているのか。ブランドイメージはどうなのか。競合との違いは?etc・・・書きだすとキリがないですが、ざっと上記のことを頭に叩きこんでおきます。

 調査にあたっての参考ツール

・リサーチサーチ
http://www.5yen.com/rs/

調査データの検索エンジン。仕組みは単純で、google検索をカスタマイズしているだけかと思うのですが、結構お世話になってます。

 

●方向性を知る

今、またはこれからそのクライアント企業がどこに向かっていて、何の事業に力を入れているのか、また昨今の決算状況はどうなのか等を把握するために、その上場企業であればIR情報内の、中長期経営計画書や、有価証券報告書等に目を通します。

●ヒアリングリストを作成

上記準備作業をする中で、新たに発生した疑問や調べてもわからないこと、また追加で聞きたいことなどが必ず出てまいりますので、それらをメモしてオリエン時にしっかりと確認ができるようにヒアリングリスト(といっても箇条書きのメモのようなもので問題ありません)を作成いたします。

 

——————

 

さいごに。

ざっくりと上記の準備をもってオリエンに望んでまいります。細かいところまで言い出すとまだまだありますが、是非上記を参考に自分のやり方をプラスアルファしていただけますと幸いでございます。

そして常に気をつけなければならないのが、準備している中で常に自分なりに、このあたりに問題があるんじゃないか、このあたりをこう改善すればもっとよくなる、など、自分なりの改善の視点を持っておくと良いかと思います。

 

今日はここまで。

[`evernote` not found]
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA